ヘッドランド

更新日: 2017年9月17日

ヘッドランドとは、砂浜の侵食を防ぐために作られた人工の岬で、波の強い外洋のサーフに設置されていることが多いです。

ヘッドランドの周辺には離岸流や複雑な流れが発生していて、その流れによって海底が掘られて、魚の付き場となる溝が多数できています。また、沖に面した所には消波ブロックが設置されていて、ここも魚の格好の付き場となっています。さらに沖の潮目も狙いやすいので、釣り場としては有望ポイントとなりやすいです。

ヘッドランドの攻め方ですが、ヘッドライン周辺のカケアガリや沖に面した消波ブロックに付いているシーバスを狙っていくのが基本です。また沖に潮目が発生していれば、そこもポイントとなります。

ヘッドランド周辺は、離岸流や複雑な流れに加えて所々に深みがあるので、不用意に海の中に立ち込まないようにしてください。

関連情報

  • 投稿日:2015年07月09日
  • カテゴリー:サーフ