岸壁

更新日: 2017年9月17日

岸壁は防波堤や沖堤などの壁面、つまり陸っぱりでは足下がポイントになります。

シーバスは岸壁に沿って回遊したり、日陰となってる場所に居着いていたりします。また、潮通しがいい・岸壁に蛎殻やカラスガイがついている・岸壁に窪みがあったりケーソンの継ぎ目などがあれば、シーバスが居着いている可能性が高まります。

岸壁の攻め方

テクトロ

テクトロは岸壁に沿って歩いてルアーを引っ張りながら足下を探っていく釣り方です。ルアーはシンキングミノー(ロングビルタイプ)やバイブレーションプラグなど、足元までしっかりと潜って泳ぐルアーがおすすめ。

岸壁ジギング

岸壁ジギングはメタルジグを使って足下の真下を探っていく釣り方。水深のある釣り場では定番のメソッドです。

ボート

ボートでの岸壁の攻め方はルアーを際ギリギリに泳がせるのが基本です。使用ルアーはシンキングミノーやバイブレーションプラグなどが有利。また、曇り空や潮が濁っているときはシーバスが表層に浮いてきていることがあるので、フローティングミノートップウォータープラグなどの表層を攻めるタイプのルアーでも釣れます。

関連情報

  • 投稿日:2015年07月09日
  • カテゴリー:港湾部, ボート