シーバス釣り スタートガイド TOP > 釣り方 > サーフでのシーバス攻略法


サーフでのシーバス攻略法

タックル

広大なサーフを攻略するにはルアーの飛距離が重要と言えます。そのためタックルは遠投性能を重視、沖にできた潮目やナブラを攻略できるよう遠くにルアーを飛ばせるタックルを用意するのが望ましいでしょう。ルアーはシャロー系のミノーで12cm以上のサイズが中心になることが多いです。

ロッド

長さ10ftクラスのシーバスロッド(最低でも9ft以上は必要)。

リール

シマノ4000番、ダイワ3000番クラスのスピニングリール。

ライン

PE0.8~1.5号+リーダー4~8号(16~32lb)

またはナイロン2~3号(8~12lb)

ルアー

フローティングミノー…12~17cm

トップウォータープラグ…12~17cm

バイブレーションプラグ…28g以上

メタルジグ…28~40g

ランディングツール

携帯性のあるギャフやランディンググリップがサーフ向き。

服装

基本的に海の中に立ち込んでの釣りとなるので、ライフジャケットとウェーダーが必要になります。

サーフでは沖へと連れ去られる強い流れがあったり水深が一気に深くなっていたりと、溺れる危険のあるポイントがあるのでライフジャケットの着用は必須です。

夏の季節では短パンとサンダルで立ち込んで釣りをすることもできますが、釣り場が砂利混じりのサーフだったりすると、波が打ち寄せる度に足に砂利が当たり、ウェーダーがないと痛くて釣りにならない場合があります。

サーフに立ち込む場合は、明るい時間帯での下見を必ずすることと、引き波や横の流れで足をすくわれて転ばないように十分注意してください。

ポイント

サーフでは潮目や離岸流などの「流れの変化」と、ブレイクライン・沈み根などの「地形の変化」を攻めることが基本となります。地形の変化の探し方で手っ取り早いのが「波の変化」を探す方法で、ある箇所だけ白波が立っているのであれば、そこに根や急に深くなっていたりと海底に何らかの変化があります。

また、サーフと一口にいっても地域によって様々な特徴があり、遠浅や急深、ゴロタや磯まじりなどの要素が混じるので、どこがポイントになりそうなのかを下見でチェックすることが大切です。

離岸流(リップカレント)

離岸流(リップカレント)の攻め方についてはこちら

ヘッドランド

ヘッドランドの攻め方についてはこちら

河口、流れ込み

河口、流れ込みの攻め方についてはこちら

カケアガリ(ブレイク)

サーフでは岸寄りに沿って続くカケアガリ(ブレイクライン)があり、そこにシーバスが回遊したりするので狙い目となります。

カケアガリ(ブレイク)の攻め方についてはこちら

沈み根

海底の沈み根は魚の付き場となります。広大でポイントが絞り込みにくいサーフでも、沈み根の位置が分かれば効率よく探っていくことができます。すぐ近くに磯場があるようなサーフであれば、多くの沈み根が存在する好ポイントの可能性があります。

沈み根の攻め方についてはこちら

シーバスタックルを揃えるのに役立つ情報




シーバス初心者が知っておきたい情報はこちら