リールの選び方

更新日: 2016年9月12日

シーバス釣りに使うリールの選び方について。

リールのタイプ

リールにはスピニングとベイトの2種類あります。

スピニングリールは、キャストがしやすくルアー釣りにおいては万能に使えます。陸っぱりメイン、ボートシーバス初心者向け。

ベイトリールは主にボートでのキャスティングゲームやジギングに使用されています。最近では陸っぱり用のベイトロッドも増えており、ベイトリールが活躍する場面が増えています。

スピニングリール選びのポイント

必要なラインキャパシティー(スプールの糸巻量)

一般的なシーバス釣りでは、ナイロン8~12lb(2~3号)、またはPEライン1号前後を100~150mほど巻けるものが必要です。

最初に手にするリールであれば、シマノだと「C3000」、ダイワだと「2500」の番手がおすすめ(共にナイロン3号で150m巻ける)。

PEラインを巻く場合はシャロースプール(浅溝タイプのスプール)がおすすめです。シマノであれば「2500S」「C3000S」「C3000SDH(エギングモデル)」「C3000M」、ダイワであれば「2506」「2508」などがシャロースプールに該当します。

また、シマノの一部の機種(13ナスキー、11バイオマスターなど)には、「エコノマイザー」と呼ばれるスプールを底上げするパーツが付属しているものがあり、これもPE向けです。

スプールは付け替えることが可能

例えば、同じ機種・同じリールサイズのシャロースプールモデルがある場合、スプールを付け替えることが可能です。シマノであれば「C3000」のリールに「C3000SDH」や「2500S」などのスプールが付けられます。ダイワであれば「2500」のリールに「2506」や「2508」などのスプールが付けられます。

最初はナイロンでやっていたけどそろそろPEに挑戦したいといった方は、手持ちのリールに付けられるシャロースプールとPEラインの2つ買えばいいわけです。PE用に新しくリールを買う必要はありません。

スプールの購入方法は、リールをもって近くの釣具屋に行き、店員さんに「このリールに合うシャロースプールが欲しい」と頼めばいいです。大抵、メーカー取り寄せになると思います(納期に時間がかかる)。

ドラグがきちんと作動するもの

ドラグとはラインを一定以上の力で引っ張るとスプールが回ってラインが出ていく仕組みのこと。ドラグがきちんと作動することで、大物がかかってもラインを切られずにやりとりすることができます。

シマノやダイワなどの有名メーカーで現行モデルのリールであれば、安いものでもドラグの性能は十分使えるレベルにあるでしょう。ただしそれ以外の安物、例えば釣具量販店のワゴンセールで見かけるような安物は、まともにドラグが機能しないリールがあったりします(ドラグの微調整ができない)。そういうものはルアーフィッシングで使うのは厳しいので避けるべきです。

ちなみにドラグ調整は、スプール上部にドラグノブと呼ばれるつまみがあり、そこを指でつかんで回すと調整できます(時計回りで締まる、反時計回りで緩む)。大体、ラインが切れない範囲で締めればいいと思います。

巻き取りが軽くてスムーズなもの

ルアーフィッシングでは頻繁にリトリーブを繰り返すため、リールのハンドルは軽くてスムーズに回せるほうがいいです。

そのリールの巻き心地が軽いかどうかについて判断する際、ひとつの目安としてベアリングの搭載数があります。ベアリングが使われている数が多ければ、より軽くて滑らかな回し心地になります。

最低限ドライブギア(マスターギア)とピニオンギアの各支点にベアリングが使われている機種を選べば実用性十分だと思います。

  • ドライブギア: 2個
  • ピニオンギア: 1~2個

↓は「シマノ ナスキーC3000(2013年モデル)」の部品展開図。赤丸で囲ってあるのがベアリング。

価格で言うと、シマノやダイワ製の場合、5千円前後でドライブギアに2個とピニオンギアに1個搭載されてるリールが購入できると思います。1万円前後でドライブギアに2個とピニオンギアに2個搭載されてるリールが購入できると思います。

予算1万円以内でおすすめのスピニングリール

ちなみに値段の高い機種になると、軽量化・素材・ギアの精度など、各部が徹底してこだわった作りになっています。

あとは実際に手にとって確かめてみるのが一番です。大抵の釣具店であれば実物をさわって巻き心地を確認することができます。ショーケースに入ってあるリールは、店員さんにあそこにあるリールを手に取ってみたいと言えば触らせてもらえます。

スピニングリールのサイズとロッドの長さの目安

シマノ番手 ダイワ番手 ロッドの長さ 補足
2000、2500 2000 5~7ft ボート、小場所の釣り場向け。
C3000 2500 6~9ft 汎用サイズ。
4000 3000 9~11ft サーフ・河口・磯など遠投が必要な釣り場向け。
5000 3500 11ft~ 磯向け。

ブランド・メーカー

リールのブランドはシマノとダイワが有名で、国内で流通しているリールはこの2つのブランドでほぼ占められています。他には海外ブランドのアブガルシアが知られています。

ボートシーバスに使うベイトリールについて

※調査中。

関連情報

  • カテゴリー: リール
  • 投稿日: 2015年07月09日