シーバス釣り スタートガイド TOP  >  タックル  >  シーバス釣りに必要な道具

シーバス釣りに必要な道具

更新日: 2017年10月5日

これからシーバス釣りを始めるにあたって必要になる釣具や装備について紹介します。

海釣り初心者の方がルアーフィッシングを始める場合にも参考になるかと思います。

タックルとルアー

各釣具の選び方についてはこちら。

ルアーケース

ルアーを持ち運ぶためのプラスチック製のケース。釣り場ではバッグやタックルベストのポケットに入れて携帯します。

仕切りがあるタイプ


写真左、VS-3010NDM(メイホウ)。右、VS-3010ND(メイホウ)。

ルアーをカラー・サイズ・種類ごとに分けて収納したい場合に。

またルアーを小分けにすればフック同士が絡まることが少なくなり、ルアー交換がスムーズに行えます。

仕切りがないタイプ


SFC マルチ・M(メイホウ)。

仕切りでいちいち分けるのが面倒、まとめてケースに入れておきたい場合に。フック同士が絡まるのでフックカバーをつけた方がいいです。

玉網(ランディングネット)

魚を網の中に入れて取り込むための道具。防波堤など足場が高い釣り場では必須。

シーバス釣りでは、玉枠(フレーム)の大きさ(直径)が55~60cmぐらいあったほうがいいです。管理人は普段60cmのを使ってます。

柄の長さは、足場から海面までの長さ+1m程度は必要。なるべく色んな釣り場で使える長さが欲しい場合、5m程の玉の柄を選ぶといいでしょう。

玉網の使い方について。
玉網・ランディングネットでの取り込み方(タモ入れ)

フィッシュグリップ

魚の口をつかんで持ち上げることができる道具。手を汚さずに魚を持つことができます。

フィッシュグリップの使い方は、以下の写真のようにシーバスの下アゴをつかんで持ち上げます。


フィッシュキャッチャー(Univarc)


HI-DRA ヴィーナスグリップ(マルシン漁具)

シーバスを持つとき、下アゴを素手でつかむやり方・いわゆる「バス持ち」すると親指の皮がボロボロになりやすいです。なるべくフィッシュグリップなどで持ったほうがいいです。

また海ではシーバス以外にも色んな魚が釣れたりします。牙が生えていて口をつかむことができない魚だったり、粘液が多くて素手では持ちにくい魚などが釣れたりします。そんなときに備えてフィッシュグリップひとつ持っておいて損はないです。

魚を足下まで寄せて手が届くような釣り場であれば、玉網より携帯性に優れたフィッシュグリップのほうが使い勝手がいいでしょう。

プライヤー

魚からフックを外すときに必要な道具。

素手でフックを外すのは大変危険なので必ずプライヤーを使いましょう。

注意点として、プライヤーによっては力が入りにくいものがあります。例えば、以下のプライヤーです。


針はずしプライヤー(プロックス)

このタイプのものは軸が細く、フックが魚の硬い部分や深く刺さった場合、外すときにフックを強くつかめず手間取ることがあります。ちなみにエサ釣りやライトゲーム用途のプライヤーとしてなら使い勝手はとてもいいです。

シーバス釣りにも一応使えますが、シーバスなどルアーフィッシングメインであれば↓の右側のタイプを選ぶことをおすすめします。

スプリットリングオープナー

スプリットリングを開く道具。ルアーのフックを交換するときに必要。


赤丸で囲った部分がスプリットリング。

プライヤーの中にはスプリットリングを開くことができるタイプもありますが、上記で紹介しているプライヤーの大きさだと先端の形状がやや大きめで、例えば9cm以下のミノーについてるスプリットリングだと使い勝手がよくなかったりします。

管理人の場合、魚からフックを外す場合は大き目のほうがいいので「フックを外す用のプライヤー」と、スプリットリングを開く場合は小さめのほうがいいので「スプリットリング用のプライヤー(ピンセット状の小さなもの)」と、それぞれ持つようにしています。

ラインカッター

ライン(釣り糸)を切るときに使う道具。

ルアーとラインを結んだりラインシステムを組んだりするときに必要です。(文房具のハサミでも可)

PEが切れにくい場合、ラインを刃で挟んだ状態からラインカッターを左右どちらかにスライドさせると切れやすいです。

フックシャープナー

フックを研ぐための道具。

フックの針先が鈍(なま)ると針掛かりが悪くなりバレやすくなります。

針先が鈍る原因として、よくあるのがルアーが岩などに根掛かりした場合です。もしルアーが根掛かりから外れたら、ルアーを回収した後必ず針先をチェックしましょう。

チェックの仕方は、針先を爪に当てて滑らなければ大丈夫、ズルッと滑るようであれば鈍ってます。バイブレーションなどで底を探るような釣り方だと、針先が鈍りやすいです。

釣り場ではフックが鈍ったら、その度に新しいフックに交換するよりフックシャープナーで研いだほうが効率がいいです。

スナップ


クイックスナップ(オーナー)

釣りの最中、ルアー交換するときに便利なもの。


スナップの使用例。まずスナップにラインを結び、それからルアーにスナップを取り付ける。

スナップを使えば、ルアー交換の時にラインを結んだり切ったりする手間が省けます。

スナップのサイズは、上記のクイックスナップであれば1.5号が目安。

ビニール袋

ゴミを入れたり、釣った魚を持って帰る場合に必要。


100円ショップのキッチン用品コーナーで見かける小さなチャック付きのビニール袋は、ラインを結んだときに出た端糸などのちょっとしたゴミを入れておくのに便利。


釣ったシーバスをリリースせずに持ち帰りたい場合、レジ袋やゴミ袋があると便利。夏場や家に帰るまで時間がかかる場合はクーラーボックスが必要。

※釣り場でのゴミのポイ捨ては、釣り禁止のきっかけになるので、絶対にやめましょう。

服装・装備

陸っぱり(防波堤、海釣り施設など)での服装、装備について。

名称 説明
ライフジャケット(フローティングベスト、救命胴衣) 海難事故防止のため、柵がない釣り場では必ず装備すること。
バッグ 必要な荷物が入る容量のもの。ウエストバッグ、ヒップバッグ、リュックバッグなど。
帽子 アウトドア用のキャップやハットなど。頭のケガ防止、日差し対策。
偏光グラス(サングラス) 日中、特に朝・夕マズメのときは目を保護するためにも必要。
フィッシンググローブ 指なしタイプの手袋。手のケガ防止に。
ヘッドライト 照明。夜釣りではヘッドライトが無いと釣りにならないので、必ず携帯すること。
レインウェア+長靴 天気予報で雨が降りそうな日に。
ウインドブレーカー 春や秋・朝晩冷え込む時期に必要。レインウェアで代用可能。

参考: 海釣りでの基本装備

関連情報

  • カテゴリー: タックル
  • 投稿日: 2015年07月09日