シーバス釣り スタートガイド TOP  >  タックル  >  ロッド  >  シーバスロッドの選び方

シーバスロッドの選び方

更新日: 2017年8月11日

ここでは、主にシーバスロッドをどのようにして選べばよいのか?といった方に向けて、シーバスロッドを選ぶ際に必要なポイントを解説していきます。

長さ

シーバスロッドの長さは、釣り場に応じて決めます。

足場が高い、遠投が必要な釣り場。大きな河川・河口、サーフ、磯などは「長め」で選びます。

キャスト精度や取り回しの良さが求められる釣り場。小さな河川や運河などの狭い場所、ボートゲームなどは「短め」で選びます。

フィールド ロッドの長さの目安
ボート(穴撃ちゲーム) 5~6fttクラス
ボート(キャスティングゲーム) 6~7ftクラス
湾奥(運河筋、小場所)、中小河川 8ftクラス
港湾部(堤防、開けた場所)、大型河川 9ftクラス
河川、干潟でのウェーディング 8~9ftクラス
サーフ、河口 9ft以上
10~13ftクラス

※1ft(1フィート)=約0.3メートル。

ロッドパワー

ロッドパワー(強度)は、扱うルアーによって決めます。

  • ミノーやバイブレーションなど、一通りのシーバスルアーを扱いたいのなら、ML(ミディアムライト)クラス。
  • ミノープラグ、ソフトルアー(ワーム)など、軽めのルアーを中心に扱うのなら、L(ライト)クラス。
  • 大型プラグやジグなど重いルアーを扱うのなら、M(ミディアム)~MH(ミディアムヘヴィー)クラス。

テーパーアクション

テーパーアクション(竿の曲がり、調子)は、キャストやルアー操作がしやすいファースト~ミディアムテーパーあたりが一般的です。大抵のシーバスロッドはこの味付けに設計されています。

装着するリール

シーバスロッドはキャストしやすく遠投性に優れたスピニングロッドが一般的。陸っぱり(岸釣り)用は、ほとんどのものがスピニングモデルです。

ベイトロッドはボート用のものが多いです。

ガイド

ラインを通す部分であるガイドは、丈夫で滑りのよいSiCリングがついたものがルアー釣りに最適です。現行モデル(価格で言うと大体1万円以上のもの)であればSiCリングが採用されているでしょう。

また、ガイドフレームはKガイドと呼ばれるものがあります。これはキャスト時の糸絡みを防ぐ機能をもった新世代のガイドで、PEラインの使用で多かったライントラブルの発生を減らす効果が期待できます。

↓左がKガイド、右が従来まで見られたガイドフレーム。

収納・携帯性

シーバスロッドには、持ち運びが便利なように分割することができる並継(ジョイント式)と、伸縮式のラジオアンテナのようにコンパクトにできる振出(テレスコピック、テレスコ)の2つのタイプがあります。

例えば、継ぎ数が2つ(2ピース)で、9フィート(約270cm)の長さであれば、その半分の135cmほどに仕舞える(実際はジョイント分だけもう少し長くなる)、ということになります。継ぎ数が3つであれば3分割。

継ぎ数が多ければ、その分長さが分割されコンパクトになります。そういった携帯性の高さをウリにしたものを「パックロッド」とか「モバイルロッド」などと呼ばれています。

自転車やバイク、あるいは電車などの交通機関を利用して釣り場に通う場合は、携帯性に優れたパックロッドを選ぶといいでしょう。

メーカー・ブランド

※リンク先は製品情報のページ。

有名どころは「シマノ」「ダイワ」「メジャークラフト」あたりで、低価格で十分な品質のシーバスロッドが手に入るため入門者におすすめ。

関連情報

シーバスロッドを買うのに役立つ情報

その他

  • カテゴリー: ロッド
  • 投稿日: 2015年07月09日