シーバス釣り スタートガイド TOP  >  生態  >  居着き型と回遊型

居着き型と回遊型

更新日: 2015年7月9日

釣り人などの間では、シーバスを種類(マルスズキ、タイリクスズキ、ヒラスズキ)やサイズ(セイゴ、フッコ、スズキ)のように、居着きか回遊かで区別することがあります。

回遊型

回遊型の外見の特徴は、魚体が銀色でヒレがきれいな傾向があります。

  • 魚体が銀ピカ
  • 全体的にスラッと見える
  • ヒレが擦り切れてなく綺麗な形
  • 運動量が多い為か肉付きがよく、体格がいい

また行動面での特徴は、エサを求めて潮回りに合わせて各ポイントを群れで移動しています。

  • 群れで広く移動する
  • 一箇所に定着することがない
  • イワシなどのベイトフィッシュの動きによって移動する
  • 潮目に沿って移動する
  • 活性が高め

回遊型のシーバスを釣るには、その釣り場に回遊してくる条件(時期、時間帯、潮まわり、ベイトの動向)を知る必要があります。

居着き型

居着き型の外見の特徴は、魚体が黒ずんでいてヒレがボロボロな傾向があります。

  • 全体的に黒っぽい
  • 痩せていて頭でっかち
  • 尾びれの下端がすり減っている(ボトム付近にいることが多い為)

また行動面での特徴は、エサが豊富にある等で住み心地がいいという理由で、群れから外れてその場に留まっていることが挙げられます。

  • 群れから外れて行動している
  • 移動は限定された範囲の中でおこなっている

居着きのシーバスを釣るには、いかにシーバスの付き場となるポイントを多く知っているか、どれだけそのポイントに回れるか(ラン&ガン)がカギとなります。また、人の目から見て分かりやすいポイントに居着いてるシーバスはルアーにスレている個体が多い為、ルアーで釣る難易度は高い傾向にあります。

  • カテゴリー: 生態
  • 投稿日: 2015年07月09日